ライブハウス(バー)に出てみよう。

皆さん、一生懸命音楽を練習したらいろんな人に自分の音楽を聴いて欲しいと思うようになりますよね?
そんな人たちのために何かアドバイスが出来るかな?と思って書いてみます。

1.音源を作る。
自分たちが演っている音楽、ライブをやっているお店の人に知ってもらわなければなりません。まずは音源を作りましょう。
本格的なレコーディングじゃなくてもいいです。バンドならスタジオに入って録音のバランスを考えて一発録りでもOK。弾き語り系ならマイクを使わずに自宅で録ってもOKです。

2.ライブしたい店に音源を送る。
ここで重要なのが、なぜその店でライブをしたいのか?ということ。その店がバンド志向、弾き語りアコースティック志向かというのも大事なところ。近くの店ならそれまでにそこで誰かのライブを見ることも大切です。練習も大事だけど人のライブを見ることもかなりプラスになるということもあるのですが、いろんな店でライブを見るとその店の傾向がわかります。自分たちにとって音楽的にもレベル的にも合う店をさがすのも大切です。お店の人と仲良くなれば、ライブをしたいという思いを伝えればいろいろとアドバイスもしてくれます。
近くの店なら音源は手渡しのほうがいいかな?でも後日、電話でもいいから「どうでしたか?」って聞いてみてください。そこでOKならスケジュール調整も出来るはずです。

3.ライブをする前にやるべきこと。
ライブの日取りが決まったら、もちろんその日に向けて練習することが大事です。あと、約一ヶ月前までにチラシを作ったり、お客さんを集めるための宣伝を考えましょう。基本的にお店は自分たちのためだけにお客さんは呼んでくれません。昔はダイレクトメールや電話で宣伝していましたが、最近はメールが主流となっていますね。要は自分たちの音楽をどれだけ多くの人に聴いて欲しいかという熱意です。

4.ライブ当日。
事前に約束したリハーサルの時間には遅れずにね。どうしても遅れる場合、メンバーの一人が遅れる場合でも、早めに店に伝えてください。
挨拶も大事なのですが、それは社会人の常識としてわきまえていれば大丈夫。対バンの人にも忘れずにね。
リハーサルは通常逆リハ。本番の逆の順番でリハーサルをします。一番最後にリハをしたバンドが最初の出番だったら、本番までそのままのセッティングでいいでしょ?
リハーサルはオペレーターの指示に従うのはもちろんだけど、唄いにくい、演りくいということは、ちゃんと伝えてくださいね。心あるオペレーターならちゃんと思いを汲み取ってくれるはずですから。

5.そしてライブ!
リハから本番まで、時間の潰し方はそれぞれ自由。自分たちが出なくてもライブスタート時間には戻って来てくださいね。対バンの人たちもしっかり見て盛り上げてあげましょう。ていうかそういうのを見なきゃ自分たちのプラスにならないし、その日のライブイベントの流れを肌で感じ取って自分たちのライブに活かしてこそお客さんに楽しい思いをしてもらえると思うのですが。
そしてライブ本番、思いっきり演ってください!

6.アフターライブ。
思いっきり楽しんでください。ステージでの楽しかったこと、反省点、お客さんを交えていろんな話で盛り上がりましょう。個人的にはSLOWHADならカウンターに来て「今夜はどうでした?」って聞いてくれたら率直な感想をお話しいたします。ミュージシャンと店との信頼関係をより深くするためのアフターライブです。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

さのくんは子供のままでいてください。

土曜日はリトルグレープフルーツムーンのライブ、ご来場ありがとうございました。

対バンはチャオさんとこういちくん。
チャオはいい歌唄うな~。
こういちくんにはリハーサルでグレープフルーツムーンの時よりいいプレイをしたら怒るよって釘を刺したにもかかわらず大変ステキなサポートでした。

二番手野田清隆さん。唄も楽器もとても丁寧だ。何よりも歳を重ねることの素晴らしさを歌い上げる大人の歌詞。自分の適当な生き方を悔い改めて生きていこうと一瞬だけど思ってしまったのだ。

最後は僕ら、今回はクロマティックハーモニカのあらいなおこさんとギターの河原田氏。
いきなり最初の曲から構成を間違えてしまったのはご愛嬌ということで。
20年前に作った曲と昨年作った曲。
隣り合わせでやったけど、今もまだ迷っているような歌詞で大人に成り切れん。
というようなことをM・Cで話したら、あらいさんが、「さのくんは子供のままでいなさい。」って。
その時は思わずこーいち、なおちゃん夫婦の養子になりたいと思ってしまった~。
そしてアンコール(無理やりだったけど)はあらいさんの大好きなジュリーのソロデビュー曲、「君をのせて」。
いい曲だなあ。
ということでほんとに暖かいライブでした。

皆様、ありがとうございました。

みんな頑張ってるな~。

20090716005431
20090716005423
12日の右近の拾得ライブ、盛況のうちに終了しました。
出演者はマイケル・ジャクソンよりも年上の人も大勢いるけれどみんな現役で頑張っている。
普段、だいたいは年下ばかりの共演となることが多い僕としては先輩方が大勢いて心強い。
諸先輩方、これからもよろしく頼みますっ!

そういえば、お客さんも年齢層が高かったような…。
僕は真ん中より下くらいの層でそれも非常に楽しかったなあ。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

その投げやりなところがたまらんな~。

20090707205809
20090707205802
20090707205755
ここ二週間、儲かってないけれど忙しい日が続き、日記を書く心の余裕もなかった。
もちろんホームページのプリテンダー日記も同様でライブレポートの更新もしていない。
サボって書けてないレポートは記憶が薄れてもう書けないのですみません。
日曜日の飛び入りライブSHOWは12組の参加と盛況でした。
ご来店の皆様、ありがとうございました。
そして今、久々に余裕が出来たので実家でくつろぎ中。
百円ローソンで見つけた昔懐かしいエースコインでコーヒーブレイク。
エースコイン、コインの種類が増えている。
日本で一番古い硬貨、富本銭も新たに加わっている。
そんなことどうでもいいか~。
「その投げやりなところがたまらんな~。」と誰かツッコんでください。
そうだ、今度の日曜日は拾得でライブがあるのです。
宮崎から昔の知り合い、高山右近氏のライブ。
僕も彼の曲のカバーを一曲唄うはず。
多分ピアノを弾くのは二曲しかないけど、あの重いエレピを持って行こう。

出演 高山右近
応援ゲスト オイワ 佐野邦夫 義田秀司 長野たかし 森川あやこ 三島邦生
会場 拾得(大宮丸太町上ル)
開演7月12日 (日)
 19時~
チャージ 1500円  ドリンク別

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

満員じゃん!リトルグレープフルーツムーン拾得ライブ

20090316195330
20090316195327
昨夜の拾得ライブ、お越しくださった方々、ありがとうございました。
拾得はやはり特別な場所。
リハーサルから音楽の魔物?または女神の気配がしていました。
30年来の友人、先輩であるマナさんとの対バン、昔、憧れてライブを見ていた人に誘われて同じ日に同じステージに立つ。
人生にあまり頑張って来たつもりはなかったけど、音楽に関しては意外によくやって来たんだな~、と自分で自分を褒めてあげたい気分でもあります。
満員のお客さん、もちろんマナさんのバンドのお客さんがほとんどだけど、今回は特にそのお客さんの「気」が僕らに力を与えてくれたような気がします。
本当にやってて楽しかった。
僕らの終わったあとはマナの「リンクループス」。
とにかく格好いい!
上質なグラムロックの香り、マナやメンバーの立ち振る舞い。
メンバー全員が友人であるということが僕にとって誇らしい。

アフターライブ、終始ご機嫌なマスターのテリーさんが印象的。
いろんな話しが聞けて勉強になりました。
昨夜のライブ、僕にとっては忘れられないライブになることでしょう。

1、はるかな想い
2、マイベストプレイス
3、夕暮れの丘
4、夢のかけら
5、ふわり
6、マイホームタウン


テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

プロフィール

kunisano

Author:kunisano
京都市在住。ポップロックバンド、
GRAPEFRUIT MOONのバンマス。
担当はVo&Pと作詩作曲。
BARのマスターもやってます。

***************************************
GRAPEFRUIT MOON ライブスケジュール
2013年
1月 5日(土) 京都「Live Spot RAG」新年会ライブ!
京都市中京区木屋町三条上がるエンパイアビル5F
075-241-0446
佐野邦夫ソロ
開場:18:00 開演19:00
共演:後藤雪絵/梶本浩司/奥田聡子/辻真央
前売:¥1500 当日:1800
2月26日(火) 京都「SLOWHAND」
京都市中京区烏丸丸太町東南角
075-212-8390
リトルグレープフルーツムーン
~佐野邦夫(Vo&P)、井川由美子(アコーディオン)
、船戸博史(WB)
19:30~
共演:杉本民名
チャージ:¥1000

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード