スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編ドラマその6「トムとジェームス」



日時:2011年5月30日21時30分

2011年5月30日21:00
本日のお客様:トム・ウェイツ(62歳)、ジェームス・テイラー(63歳)
場所:スローハンド

トム:「まったくもってこの店はヒマだなあ。まあマスターも時間が余ってしょうがないだろ?」
マスター:「はあ、ここ何年かはピアノの練習ばかりで上手くなって…。」
~~トムばりの自虐的ジョーク喜ばせようと必死なマスター。~~~
トム:「ピアノっていうのはな、ハートで弾くもんだ。ややこしいピアノは専門ヤツに任せとけばいい。」
~~マスター、まだ懲りずにトムの機嫌を取ろうとして。~~
マスター:「あっ、そうそう、今年ですね。ロックの殿堂入り、おめでとうございます。さすがトムさんだ~。」
トム:「何言ってやがる、今までロックなんかやってきた憶えなんかないぜ。あっちから勝手に言ってきやがっただけだ。」
~~静かにドアが開く音、そこに現れたのはあのジェームス・テイラー。~~
マスター:「あれっ?ジェームスさんが何でここに?」
ジェームス:「やあ、妻が日本びいきでプライベートで京都に来てるんだ。バーボンのロックを一つ。」
マスター:「かしこまりました。トムさんもロス時代のお知り合いですね?」
トム:「ああっ、少しばかりちゃらちゃらしてるところを見かけただけだけどな。相変わらずダサい服を着てるな。久しぶりだな?」
マスター:「そういえばジェームスさんもすでにロックの殿堂入りされてましたよね?」
ジェームス:「ああ、いつだったかな?そこに居るトムよりずっと前にね。」
~トムのムッとした表情。気を取り直して…。~~
トム:「なあマスター、気分転換に気の利いた曲をかけてくれ。」
マスター:「何がよろしいでしょうか?」
トム:「そうだな…。」
~~トム、おもむろに手元にあるタバコのエコーのパッケージに何か書いてマスターに見せる。~~
マスター:「かしこまりました。DVDでよろしいでしょうか?」
トム:「おう、そのほうがいいな。」
~マスターDVDを探し出し、プレイヤーに…。
ジェームス:「何だこりゃ。カーリーじゃないかっ。しかも俺との別れ間際の…。」
~テレビ画面に映るのは「うつろな愛」を熱唱する若きカーリー・サイモンの姿が…。
トム:「ジェームス、いい女と付き合えてよかったな…。」
マスター:「ジェームスさん、僕が知っててやったんじゃないですよっ!!」

おわり
スポンサーサイト

短編ドラマ その5 「トムとシガレット」

Image1181.jpgなんかもうすぐ自販機で煙草買うのも登録しなければ買えなくなるらしい。近い将来、こんなことになったらどうしよう。

短編ドラマ「トムとシガレット」

出演:トム ウェイツ 6X歳(201X年現在)

~~201X年1月、京都は烏丸丸太町東南角にて~~
トム:「久しぶりに京都に来たら店の名前、変わってるじゃねえかっ!『純子の小部屋』?愛想の悪いホステスじゃ俺のジョークも冴えないしなっ!昔俺が作った『WARM BEER AND COLD WOMEN』を地でいきやがって・・・。タバコでも買ってホテルに帰るか~。」
~~トム、横断歩道を渡り向かいのコンビニに入って行く。~~
店員(元マスター):「いらっしゃいませ。」
トム:「あっ、おまえはっ!こんなとこで何してんだっ?」
店員(元マスター):「トムさん、どうもご無沙汰してます。不景気なもんで店やめて今はフリーターしてるんですよ~。最近はこのコンビニで働いているんです。」
トム:「なんか大変そうだな。大丈夫か?それにしてもあの時は世話になったな。それはそうとラッキーストライクを1カートンよろしく頼むぜ。」
店員(元マスター):「すみません、タバコ免許証を拝借します。お持ちですか?」
トム:「ああ、入国の時、申請して手に入れたよ。どうなってるんだ?この国は?これがなきゃ買うのも吸うのも出来ないのかっ!?まったく馬鹿げてるぜっ!」
~~店員(元マスター)、おもむろに免許証を機械に通す。~~
店員(元マスター):「あっ、トムさん、残念ながらお売りすることは出来ません。この免許証、禁煙モードになってますよ。」
トム:「なんだっ?その禁煙モードっていうのは?」
店員(元マスター):「タバコ免許証の携帯サイトで何かボタン、クリックしませんでしたか?」
トム:「そういえばさっきのバー、あまりにも愛想悪かったんで、携帯ばかりいじってたからな。」
店員(元マスター):「禁煙モードっていうのは政府が禁煙を推奨してるので、申請したら即座に免許が停止するシステムなんですよ。しかもそのボタン、一度クリックしたら1ヶ月、どんなことがあっても買うことも吸うことも出来ないんです。もし見つかったら警察に摘発されますよ。」
トム:「なんだそりゃ。俺は構わんから売ってくれっ!」
店員(元マスター):「駄目ですよ~。売る方も罪になりますから。トムさんは今、タバコ免停状態です。自動車免停30日と一緒ですよ。」
トム:「いい加減にしろよ~。何とかならんのかっ!」
店員(元マスター):「ホント申し訳ありません・・・。あっ、これなんかどうですか?『こどもたばこ』・・・。煙は出るけどニコチン、タール0mgです。まあ『こどもびいる』と同じ発想ですね。いちご味、バナナ味、抹茶味がありますがいかがですか?」
トム:「う~ん・・・。いちご味かな?」
店員(元マスター):「ありがとうございますっ!一箱100円、1カートンで1000円いただきます!」

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

短編ドラマ その4 「トムとジャクソン」

wa_302661.jpg短編ドラマその4「トムとジャクソン」
本日のお客様:トム・ウェイツ(57歳)ジャクソン・ブラウン(58歳)
日時:2007年1月18日午後10時過ぎ
場所:スローハンド

トム:「ホントにこの店はヒマだなぁ~。開店からいるけど誰も来やしねぇ~。俺がいなきゃボウズだぜ。」
マスター:「ありがとうございます。トムさんには毎日来ていただいて。酔っぱらった客でも来ないよりマシ・・、あっ、いえいえ。ところで最近知ったのですが、トムさん、新譜出したそうじゃないですか。」
トム:「もう去年だよ。だからプローモーションにかこつけて日本に来てるんだがな。」
マスター:「飲んだくれてばかりで何にもしてないんじゃないですか~?そんな話聞いたの一週間前ですよ。」
トム:「まあな、JBみたいに働き過ぎて死んじゃおしまいだからな。ボチボチやるぜ。」
マスター:「別にジェームス・ブラウンが働き過ぎで死んだとは思いませんけどね~。」
~~~扉の開く音、なんとそこにはジャクソン・ブラウンが・・・。~~~
トム:「まだ生きてるJBが来たぜ。」
マスター:「い、いらっしゃいませ。」
ジャクソン:「JBでもジョン・セバスチャン・バッハじゃないよ。」
トム:「それならJSBだろうがっ!」
マスター:「僕、ジャクソンさんの大ファンなんです~。店の名前は『スローハンド』だけどジャクソンさんの曲ばかりかけてみんなから怒られてるくらいです。いっそのこと店の名前『プリテンダー』に変えようかな?」
トム:「フン、パッとしないネーミングだな。いっそ『クロージングタイム』に変えてみろよ。もっと客が来なくなるぜ。それとも二人とも共通の『アサイラム』にでもするか?」
~~~マスター、トムには目もくれずジャクソンに話しかける~~~
マスター:「ジャクソンさん、何でまた日本に?」
ジャクソン:「いや、今レコーディング中でね。煮詰まって気分転換に旅行に来たんだ。日本には友達も大勢いるしね。君も知ってると思うけど昨日まで鎌倉のショーゴのところにいたんだ。」
マスター:「はい、知ってますよ。日本では有名なミュージシャンですから。」
ジャクソン:「アイツのところに行ったらいつでもいたれりつくせりなんだ。アイツ、なんか僕に後ろめたいことでもあるのかな~?」
マスター:「そういえば、ショーゴさんの曲で『レイト・フォー・ザ・スカイ』の歌詞とそっくりな歌詞の曲がありますよ。『偽りの日々』だったかな~。」
ジャクソン:「へぇ~、そうなんだ~。それでアイツ、俺に負い目感じてるのかな~?」
マスター:「ちょっと聴いてみます?」
ジャクソン:「ああ、ちょっとかけてみてくれる?」
~~~マスター、CDをチェンジ~~~
ジャクソン:「何だ、曲調はぜんぜん違うじゃないか。でも歌詞はクリソツだな~。まあ別にいいけどね。明日ショーゴに言っとこ~。もういいから何か気の利いたのかけてよ。」
マスター:「かしこまりました。」
~~~マスター、おもむろにCDをチェンジ~~~
ジャクソン:「なんだ~?ニコじゃないか~。知ってんだろ~。いい加減にしてくれよ~。でもニューヨーク時代はキビしかったな~。やっぱりロスがいいや。マスター、カリフォルニアレモネードおかわり~。」
トム:「マスター、もうほとんど確信犯だな~。」

*このドラマは店主がヒマにまかして考えたフィクションです。
くれぐれも本気にしないでくださいね~。

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

短編ドラマ その3 「トムとポール(サイモンのほう) 」 

675-mid.jpg短編ドラマその3「トムとポール」

本日のお客様 トム・ウェイツ(57歳)ポール・サイモン(64歳)
日時:2006年12月23日 夜10時すぎ
場所:スローハンド

マスター:「トムさん、大丈夫ですか?飲み過ぎると身体に毒ですよ~。」
トム:「大丈夫、大丈夫~。」
マスター:「もうあれから二週間以上飲み続けですよ。アメリカ、帰らなくていいんですか?」
トム:「大丈夫、大丈夫~。」
~~~扉を開ける音、そこにはハンチングをかぶったポール・サイモンが・・。~~~
マスター:「あっ、ポールさん、いらっしゃいませ。」
ポール:「いや~、日本の冬は寒いね~。特に京都は~。」
マスター:「京都の底冷えっていいますからね~。」
~~~ポール、寝てるトムをじっと見て~~~
ポール:「ん?誰?この人?何か見たことあるけど。」
マスター:「トム・ウェイツさんですよ。ご存じですか?」
ポール:「いや、会うのははじめてなんだけど、アートがかなり意識していたよ。同じように俳優業もやっているから。」
マスター:「へぇ~、そうなんですか?・・・。アートさんとはもう仲直りしたんですか?」
ポール:「もう今はね。アイツはS&Gでは僕がほとんどヒット曲を作ってただ唄うだけだろ?だから気にいらなかったんだろうな。でも僕もそのわりにアイツばかりにファンが来るんで若い頃はちょっとムカついていたんだ。だって『アートがファン来る』だからね~。」
マスター:「ポールさん、ダジャレ好きなんですか~?ちょっとイメージ違うな~。」
ポール:「ホントは物静かなんだけどね。今日はこの話のオチの都合上、S&Gファンには悪いけどこのキャラでやらせてくれのせんかんやまと~。」
~~~マスターCDをチェンジ~~~
ポール:「おっ、僕の曲かけてくれるの?それはいいんだけど日本ではいつも僕のイメージはS&Gばかりだな~。僕のソロはここにはないの?」
マスター:「どうもすみません。気が利かなくて。愛聴盤なので家に持って帰ったままなんです~。(ホントはウソだけど。)」
ポール:「悲しくなっちゃうな~。日本にはソロでも前に来たことあるけど動員はさっぱりだったし、S&G時代の曲ばかりウケちゃうし。」
~~~トム、おもむろに起きあがり~~
トム:「わかるわかる、俺もアサイラムの時のレコードしか・・・。」
~~~トム、またカウンターにうつぶせ~~~
マスター:「そうですね~。日本では『Bridge Over Troubled Water』は『明日に架ける橋』なんてタイトルで爆発的に売れましたからね~。そのイメージを払拭するのは大変ですね~。」
ポール:「あっ、CD終わっちゃった。何か気の利いたヤツかけてくれる~?」
マスター:「そういえばポールさんが昔『サタデーナイトライブ』でジョージ・ハリスンさんとデュオで競演したDVDがあるんですが見てみます?」
ポール:「なつかしいな~。かけてくれる?アイツいい奴だったしギターもちゃんと弾けて、歌も唄えたからアートとするよりも気持ちよかったな~。一時本気で一緒にやろうと思ったけど『サイモン&ハリソン』じゃバランスよくないし『ポール&ジョージ』じゃマッカートニーとまぎらわしいし断念した憶えがあるな~。」
~~マスター、DVDにチェンジ~~~
ポール:「何だこりゃ~、『スターウォーズ』じゃないかっ!いい加減にしろよ~。知ってんだろ~。(何のことかわからない人はここの真ん中くらいを参照)」
マスター:「あっすみません。最近借りてきて開店前に見ていたもので・・・。」
ポール:「まあいいか。でもキャリーとのあの頃はちょいとキビシかったな~。そうだマスター、もう一度『Bridge Over Troubled Water』かけてくれないかい?やることがあったんだ~。」
マスター:「かしこまりました。」
~~~マスターCDをチェンジ~~~
~~~ポール、おもむろにポケットから競馬新聞を取りだしチェックしはじめる。~~~
マスター:「ポールさん、競馬するんですか~。びっくりだ~。そういえば明日、日本では有名なビッグレース、有馬記念ですね~。でもなんでまたこの曲をリクエストですか?」
ポール:「だって明日は有馬記念だろ~?『明日に賭けるワシ』・・・なんちゃって・・・。」
~~~おそまつでした~~~

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

短編ドラマ その2 「トムとビリー」

282.jpg短編ドラマ「トムとビリー」
日時:2006年12月13日夜10時すぎ
場所:京都スローハンド
本日のお客様:ビリー・ジョエル(57歳)、トム・ウェイツ(57歳)

~~扉の開く音、一人の紳士がお店に登場~~
マスター:「いらっしゃいませ。あれっ、ビリーさん、昨日でジャパンツアー終わりですよね。何でまた?」
ビリー:「いや、明日帰るんでちょっとね。名古屋と京都なんて近いもんだな。アメリカでの移動距離に比べれば庭みたいなもんだな。」
マスター:「そうですね。日本は狭いですからね~。それはそうとビリーさん、今回のツアーはいかがでしたか~?」
ビリー:「まあまあだね。でも何で日本に来ると『ストレンジャー』や『オネスティー』ばかりやらされるんだろ?もういい加減にあきあきなんだけど。」
マスター:「そりゃ~しかたないですよ。日本ではシングルカットになって売れちゃいましたから。特に『ストレンジャー』はバカ売れでしたね~。日本ではちょっと雰囲気をパクッた『ルビーの指輪』なんていう曲が売れちゃったし、ちょうど同じ頃はやっていたアースウィンド&ファイアーの曲を折衷したような曲を美樹克彦が唄ってましたよ。売れなかったけど。」
ビリー:「誰それ?ミキなんとかって?まあいいか。で最後はピアノマンだからな~。あれは僕のデビュー曲だぜ。」
~~カウンターの端に座っていたヨレヨレのコートを着たお客様が突然ビリーを振り向いて~~~
トム:「そりゃ~仕方ないさ。俺だって人気があるのはアサイラムの時のアルバムばかりだぜ。」
マスター:「あれっ?ト、トムさん、何でまた?」
トム:「たまたまLAでのライブのあと酔っぱらってフラついていたら空港について、日本行きの飛行機に乗っちまったんだ。」
ビリー:「何かこのストーリー、無理があるな。まあいいか。そう言えばトム、同い年だったよな~。デビューも同じ頃だったような・・・。」
トム:「そうかもしれないが、俺はアンタには興味ないからな・・。」
マスター:「まあトムさん、そう言わずに・・・。トムさんは日本ではライブやらないんですか~?」
トム:「フンッ!、どうせ昔の曲ばかりやらされるに決まってるからな。俺は日本でも有名だって聞いたから、5年ほど前にシャレで『Big In Japan』っていう曲作ったけどまったく売れてないじゃないかっ。それはそうと今かかってるイーグルスはやめてくれないか。」
マスター:「あっ、すいません。このアルバム、トムさんの曲、カヴァーしてたんですね。たしかそれについて『ターンテーブルの埃よけくらいにしかならない。』とかおっしゃっていたとか・・。」
トム:「まあジョークだけどな・・。」
~~~トム、カウンターに置いてある売り物のCDを見て~~
トム:「ん?なんだこりゃ?グレープフルーツムーンって俺の曲のタイトルじゃないかっ!」
マスター:「あっ、すみません、僕のバンドのCDです。バンド名にお借りしました。」
トム:「ん、じゃあ少し聴かせてくれ。」
~~マスター、CDをチェンジ~~
トム:「何だ、ポップスじゃないか。こんなCD、ベランダのカラスよけぐらいにしかならないな。まあ歌詞は後ろ向きだから許せるかな。次、何か気の利いたヤツ、聴かせてくれ。」
マスター:「かしこまりました。」
~~~マスター、おもむろにCDをチェンジ~~
トム:「何だこりゃ~。リッキーじゃね~か。いい加減にしろよ~。知ってんだろ~。でもアイツともン十年も会ってね~な。なつかしいぜ。キツイタバコが吸いたくなったな。灰皿は無用だ。俺のコートのポケットが灰皿がわりだ。そのかわりと言ってはなんだが、タバコを買って来てくれないか?安くてキツいヤツをな。」
マスター:「かしこまりました。『しんせい』か『エコー』、どちらがいいですか?」
トム:「『しんせい』・・・かな・・?。」
~~おわり~~

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

kunisano

Author:kunisano
京都市在住。ポップロックバンド、
GRAPEFRUIT MOONのバンマス。
担当はVo&Pと作詩作曲。
BARのマスターもやってます。

***************************************
GRAPEFRUIT MOON ライブスケジュール
2013年
1月 5日(土) 京都「Live Spot RAG」新年会ライブ!
京都市中京区木屋町三条上がるエンパイアビル5F
075-241-0446
佐野邦夫ソロ
開場:18:00 開演19:00
共演:後藤雪絵/梶本浩司/奥田聡子/辻真央
前売:¥1500 当日:1800
2月26日(火) 京都「SLOWHAND」
京都市中京区烏丸丸太町東南角
075-212-8390
リトルグレープフルーツムーン
~佐野邦夫(Vo&P)、井川由美子(アコーディオン)
、船戸博史(WB)
19:30~
共演:杉本民名
チャージ:¥1000

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。